わやにすな

トサの103的こころ
「土佐のいごっそう」がまた一人逝く
Excite エキサイト : 芸能ニュース
 現役時代を存じませんが、タレントとしての荒瀬氏は強面ながら愛嬌があり、豪快で男気あふれるまさに「いごっそう」なイメージでした。
 いごっそうといえば、2年前に亡くなったはらたいら氏の自伝小説をドラマ化した「ガキ大将がやってきた」の駐在の役で出演。たしか僕が小学生の頃だと思います。
 火災を起こしたヒロインの住まい。燃え盛る建物へ「俺が助けに行くき、待っちょれよ!」と水を被って飛び込むシーンが勇敢で頼もしい彼のイメージぴったりで非常に印象に残っています。一升や二升は平気そうな風貌でしたが、お酒が全くダメだったのはかなり意外です。
 
 いつのまにか見かけなくなったと思っていましたが、取引先のおんちゃん(相撲の元国体力士で今も後進の指導に当っている)から、彼が長患いの為に今は高知に戻ってきているが、容態はかなり悪いらしいと言う噂を聞いたのは先月の事でした。
「相撲取り、とりわけプロは短命よ。食事も運動も無理するきね」

 高知の夏を彩る「よさこい祭」の開催期間中にひっそりと、土佐のいごっそうがまた一人逝ってしまわれました。あの豪快な姿を見ることが出来ないと思うと残念でなりません。ご冥福をお祈りします。

先生如何でしょう?
[PR]
by tosamal | 2008-08-12 13:37 | 僭越ながら申し上げます
<< 物部湖水祭 レッドアリーマーを遊ぶ。 >>


by tosamal
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧