人気ブログランキング |

わやにすな

トサの103的こころ
1つの工具で素晴らしき時間労力モチベーションの軽減!〔インナータイロッドツール〕
 車両保有年数長期化により、軽自動車も足回りの修理・整備が増えています。特に、タントをはじめとするモアスペース系は重量もあって早めに時期が到来。

 前輪ロアアームや後輪ホイールハブはASSY交換しかないのが殆どで、部品代は高額なものの作業としては比較的簡単。
c0044086_19164414.jpg
 それに対しタイロッドの場合。人間の間接に当たるジョイント部にガタが発生すると脱臼状態となる恐れが。そうなるとホイール制御が全く効かなくなり非常に危険ですので要交換です。
c0044086_19201519.jpg
 1番上の画像の向きを逆側から見た状態。頭が平行に整形されていて、ご覧のようにスパナを噛ませて緩めます。
c0044086_19090247.jpg
 エンジンの裏側に位置する右側は比較的スペースがありアプローチしやすいのに対し、左側はトランスミッションが張り出していたり、メンバー類が干渉するため非常に作業がしにくい!
 命に係わる重要な部位の整備ですが、労力・時間そしてモチベーションの浪費は効率の低下・またミス発生原因ともなりかねないので少しでもラクに確実に作業ができるに越したことはありません。
c0044086_21180189.jpg
 そんなわけで専用特殊工具を購入しました。
c0044086_19261790.jpg
  中が筒状になっていて、エンド側からすっぽりと収まる構造になっています。
c0044086_21292170.jpg
  そしてヘッド部分はスタッドボルトプーラーのようなローラーが内蔵されており、本体を回していくと締まっていく構造になっています。
 ご覧の通り四角い物(ダイハツ軽)でもしっかりと食いついてくれました。 また、右回り・左回りどちらでも使えるので脱着でイケます!
c0044086_21305977.jpg
 根元の方は1/2スピンナハンドルが接続できるようになっており、またトルクレンチを使用することも可能。
c0044086_19090970.jpg
 車上でセットしたところ。3番目の画像と見比べて頂ければ判り易いと思います。若いしに使ってもらいましたが、目から鱗のお手軽さにビックリ! もう手放せません。

 なお、ヘッドの径が35mmまでの軽・小型用と45mmまでの普通乗用向きの2種類があります。意外と普通車の方がスペース無かったりするんですよねー 

先生、いかがでしょう?

by tosamal | 2019-07-07 21:39
メーカー専用診断システムにPC... >>


by tosamal
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧