わやにすな

トサの103的こころ
<   2008年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
大掃除。 
 やはり大掃除は大切ですね。1年の区切りとして、建物や設備そして自宅などを感謝を込めてきれいにする。工場はリフト入れ替え工事の為に掃除できなかったので、自宅2階の網戸と窓ガラスを全て取り外して下で洗ったおかげできれいになりました。今日は1階ぐるりと洗い回り終了。 今年は暖冬でお天気にも恵まれたので非常に楽でしたネ。
 28日に宗我神社の新旧役員による大掃除&引継ぎ会がありました。
c0044086_1642145.jpg

 来年も世話役として関わることになりました・・・人手不足が深刻です。皆さんお忙しいのは判るのですが、もう少し協力して欲しい!世話役さんは祭典の後にお供え物もらえるし~
 門松も届きました。氏子の花屋さんが採算度外視で毎年作ってくれます。
c0044086_16435780.jpg

 竹の切り口に水を入れておかなければいけないってご存知でした?前回は参拝に訪れた年配の方に「水が入ってない!」と言われたので、今年はたっぷり注ぎました。元旦も忘れずチェックです。みなさん良いお年を!
 先生如何でしょう?
[PR]
by tosamal | 2008-12-30 16:48 | 僭越ながら申し上げます
非常に作業がしやすいオープンカーゴ〔Seednew〕
 本来工具用でもないのに過積載もいいとこで無理やり使っていたロールカートがいよいよ限界となったので、新調する事にしました。
 
 積載量・セキュリティに優れたいわゆるキャビネットタイプにしようかとも少し考えましたが、やはり取り出し易さを取ってオープンカートに絞りました。となると凄く選択肢が減っちゃうのですが、色々眺めているうちに「これは便利そう!」と目に止まったのがSeednewのサービスカートA30201C。
 
c0044086_18491328.jpg

 左はお勤めご苦労様でしたの旧カート。他の製品には無い、樹脂製の天板が非常に広いタイプ。これが僕のような、作業中に色々置きたい者には非常に便利!
c0044086_18505435.jpg

 ケミカル缶を置く所がたくさんあります。窪みが浅いので、残りが少なくなって軽くなった缶は倒れないようにご用心。しかし、スムーズで軽いキャスターのおかげで移動させても簡単には倒れません。樹脂も結構固いようです。ちなみに天板の方向を逆にしてあります(本来は小ラチェットなどを置いてある側が手前・・・しかしそれだと使いにくいよな、ということで)。
 
c0044086_18544426.jpg

 前のカートとほぼ同じ幅で奥行きはもっとあるので、収納できる道具も増えます。引き出しも付いているので小さなソケット等を入れておくといいかもしれません。これから色々工夫してみます!
 難は、引き出しにロック機構が無いので移動させていると飛び出してくる事。引き出しもボールベアリングで非常に滑らかなのが仇になっているかっこうです。磁石かなんかで軽く保持できるようにトライしてみようかなあ。そこを差し引いても買って良かったとご満悦でございます。興味を持たれた方、エヒメマシンさんがかなり安いですよ!

先生如何でしょう?
 
[PR]
by tosamal | 2008-12-21 19:03 | 商売道具
この時期は「TRUTH」です。
 T-スクェアの「TRUTH」は言わずと知れたF1の代名詞。恐らく日本のフュージョン界で一番有名であろう永遠の名曲が収録された同名のアルバム「TRUTH」が発表されたのは、もう21年も前。ですが、未だに色褪せない珠玉の一枚。ちなみにジャケットの遥か向こうに移っているのは当時のメンバーです。
c0044086_2303480.jpg

 僕が買ったのは高1の冬。当時はなかなか情報源が無く、曲のタイトルがちゃんと判ったのは学校の近くのmuse(ブックスWILL系のCDショップ)でこのアルバムを手にし、帯の「F-1の代名詞、トゥルースを収録」の文字を見たときです。
 しばらくは5曲目ばかりを聴いていたのですが、1曲目から順に聴いていくと他の曲も実に素晴らしいことに気付きました。
 1曲目の「GRAND PRIX」。3分足らずの短い曲ですが、須藤さんのスラップとシンセベースのユニゾンリフが渋い。
 2曲目の「CELEBRATION」。大学の友人が高校の体育祭でこればっかり流して先生から「他に無いのか!」とクレームがあったそうです。
 3つめ「BEAT IN BEAT」は時々無性に聞きたくなります。伊東氏の独特のキンキンしたアルト(サックス)のサウンドが曲調に合ってます。
 「UNEXPECTED LOVER 」は、晩秋から冬にかけての夕暮れ時の情景が浮かぶ曲。ちょっとアダルトな雰囲気のこの曲から、いよいよ。
 5曲目「TRUTH」 今更説明不要。
 6曲目「BREEZE AND YOU」 和泉さんお得意のピアノメイン曲。いい感じです!
 7.「GIANT SIDE STEPS」 伊東氏の曲。ちょっと可愛らしい感じのリリコン(ウインドシンセ)サウンドで、高知民放ローカルのCMで使われてました。先の「OMENS OF LOVE」のように、スクェアはじめ昔のフュージョン曲はよく使われていました。
 8.「BECAUSE」 ギターメインのカッコイイ曲。アルトとのユニゾンで奏でるユニゾンがいいですね。和泉さんのバッキングピアノがセンス抜群!
 9.「TWILIGHT IN UPPER WEST 」 アルバム最後のバラードは和泉さん作曲という作品が多いのですが、これもソレ。オープニングのピアノがを聴くとグッと来る、大好きな曲です。「スクェアのフロントは本田さん!派」の僕ですが、この曲には伊東氏のアルトが最高です。しかし何といっても肝は和泉さんのピアノ。暮れ行く年を惜しむ、ちょっと寂しい気分にピッタリの名曲。ぜひご一聴を!サックス初心者にも演奏し易く課題曲にオススメ!

 今年もこれを聞きながら「あー、一年が終わってしまうなぁ」と思ってます。

先生如何でしょう?
[PR]
by tosamal | 2008-12-12 23:09 | 音を楽しむ
これ以上のドライバーは無い!〔PB・#2マイナスドライバー〕
 この数ヶ月マックツールバンが巡回してこないなと思ったら、廃業されたと風の便り。四国じゃ工具だけで食べようとしたらやっぱり大変ですね。
 その今は無きマックツールから購入した1本。それまではホームセンターでかったKTCの長短2本を使っていましたが、ちょくちょく行方不明になるので長い方を予備に揃えましたが、すぐにKTC製の出番はなくなりました。
c0044086_13122761.jpg

 実物を手にとって買ったので品番を気にせず使用していましたが、お店によってはキャブ調整用とされている106/2。標準の100/2より軸長が10mm長いタイプ。
 
 これが非常に素晴らしい。多くの方が絶賛されているように、軸の強靭さはかなりのもの。ドラムブレーキのバネ・カップの取り外しだけでなく、タガネのようにディスクキャリパ内のサビをこそげ落としたり、時には柄をハンマーで叩いたりと相当無茶苦茶な使い方を数年来続けていますが、先端が多少磨耗した程度でまだまだへたる様子はありません。
 半透明樹脂の柄は最初「すぐに割れるんじゃないか」と心配しましたが、この柄も丈夫です!ハンマーで叩いても平気ですし、こじった時に一番負担のかかる柄の付け根もヒビすら無し。ほどよい柔らかさなんでしょうね。直射日光には極力当てないようには気をつけています。柄の少しくぼんだ所に人差し指を引っ掛ける感じで握れば安定感の抜群。
 これだけの性能・用途でありながら価格はわずか千円ちょっと。自動車整備士にとって無くてはならない1本です!
 #振興会でも展示販売していますが、100/2などの値段を見た整備士のおんちゃんたちから「なんじゃこら高い!100均で上等よ」言われるそうです。「かなりハードな使い方でもヘタレずむしろ安いよ!」と僕のように言ってる人もいるよ、と伝えました。価値観の違いと言えばそれまでですが、安物を使用していて破損した場合、代わりを用意する時間や、折れた部分が飛んで車体を傷付けたり最悪の場合自分が怪我をする恐れもありますし、プロならば少なくとも力の掛かる工具には信頼できるメーカー品を使いたいもの。「PBを知らないなんて勿体無い!」というのが正直な感想です。

 今度もう少し長いのを2本欲しいなと思っています。短いのも必要ですが、106Kは廃番みたいですね・・・

先生如何でしょう?
[PR]
by tosamal | 2008-12-10 13:38 | 商売道具
総代最後の祭典。
 今日は氏神様である宗我神社の冬祭でした。4年間の総代任期最後の祭典です。
 朝から世話役さんが集まってたくさんの落ち葉を集めてくれました。僕も後からお掃除に参加。
c0044086_196190.jpg

 神官さんがやってきて10時から祭典、その後テーブルを出して折り詰めを食しつつしばし歓談。ちなみに当神社では当家(任期1年)が当日必要となる全ての食材・お供え物を用意しますが、お供え物は神社が負担(つまり当家さんに立て替えて貰う形)、役員や神官さんの飲み食いは当家さん負担。1年5回の祭典なので当家さんの出費は結構な額になりますが、毎回皆さん神社の事だから、と気持ちよく受けてくださり感謝感謝。我が家も父の時代にやらせて貰ってます。
 残すは28日に予定された大掃除・引き継ぎ会。来年と役員さんとの顔合わせです。引継ぎの方はあまり必要が無いのですが・・・なにせ総代のうちリーダーの方が来年の当家、僕は世話役になるので。今度の総代は来春定年を迎える2名と40代1名とかなり若くなります。とはいえ、僕が就任した28歳が、恐らく神社始まって以来の最年少記録と思われます(w この若輩者になんと恐れ多いことやら・・・ 同じく総代となった2人の大先輩や先の総代さんたちにサポートされて何とかやれました。
 生まれ育った土地ですが、住んでいる人のこと・・・特に年配の方を殆ど知らなかったんですよね。正直なところ最初は「たいそいな」と思ったのですが、できる限り務めているうちに、お役の方をはじめ諸先輩方と知り合う機会が出来、また自分の経験できないような貴重なお話も聴けて非常に有意義な4年間でした。

先生如何でしょう?
[PR]
by tosamal | 2008-12-02 19:40 | 僭越ながら申し上げます


by tosamal
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧