わやにすな

トサの103的こころ
<   2007年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
4歳児と互角に戦ってます。
 テレビで宣伝していたWiiFit(もちろん本体も)が欲しくて仕方がなく、先日
異音へ行った際になんぼか買おうかと思いました。
「年末は売り切れが予想されます。早めのご購入を」なんて書かれていて余計に。
 そんなその日ちょうどやってきた叔父がなんと翌日子供達の為に買ってくれました。
本体、ヌンチャク、はじめてのWii、WiiSportsそしてWiiFit。以降毎日欠かさず
測定はやっております。ボクササイズがお気に入りです。日頃ま~ったく運動して
いない我々にはもってこいです。

 姉家族と一個ずつリモコン&ヌンチャクを追加し、ただいま子供達がテニス
やってます。おそらくそろそろケンカになってるだろうなぁ。
 WiiSportsは単純明快な操作で子供からお年寄りまでそれこそ椅子に座って
いてもできる、みんなで楽しめるゲームですね。
 
 コントローラーを握らなくなって10年。我々が夢中で楽しんだあの頃とは比べ物に
ならないリアル感を売り物にどんどんハイテク化が進みましたが、それが僕のような
人間には逆に魅力と感じられず、それなら映画見たほうが遥かにマシ、と思うように
なりました。そんな我々をビデオゲームに引き戻すという任天堂の狙いはズバリ!
 DSの脳トレも非常に魅力的でしたが、Wiiの方がこうして子供と一緒に楽しめる
のでイイです。今年は1月に別府へ行ったくらいで他に遊びに連れて行けてない
のですが、とりあえず満足はしてくれているようです。オススメ!

先生如何でしょう?
[PR]
by tosamal | 2007-12-31 16:50 | 僭越ながら申し上げます
ちょっとした小物で効率・確実性UP!〔エイシン・アルミステップ〕
 オイル交換という作業。サービス現場では年間に数え切れないほどの回数をこなします。また、一般の方でもその気になれば準備する物も少なく比較的お手軽に行える為に簡単な作業と思われがちですが、決してミスのゆるされない重要な整備です。
 
 突然大粒の雨が叩きつけてきた夏の昼下がり。1台の企業ネーム入り軽乗用がスーッと入ってこられました。出てこられた男性が
「すぐそこを走行中、急にオイルチェックランプが点灯したと思ったらエンジンが止まったのでそのまま惰力でここへ来ました」
 車体の下から流れてくる雨水の流れに油が浮いています。もしかしたら・・・。
 すぐにリフトまで押して行き、クルマを上げてみると。オイルパンのドレーンプラグがありません。今年の初めに車検を受けた際にオイル交換もしてもらったのが最後で、以降高速も走ったが何も無かったのが、今日急にこんなことになったとのこと。
 イタズラというのも少々考えにくいですし、きっとボルトの締め付けトルクが足らない(手で締めただけだったのかも・・・)まま走行を続けるうちに緩んだのでしょう。
 暫くエンジンを冷ました後に新しいオイルを少し入れてキーを捻っても「ウニュ」。完全に焼きついてしまっています。
 状況を説明し、ひとまず会社までお送りすることに。あとはお客様と整備した工場とのお話し合いですので、我々の出番はここまで。

 オイル交換時には一般的に潤滑回路に面する4箇所を開け閉めします。それはオイルを抜き、詮をするドレーン、オイルを濾すエレメント、新しいオイルを注ぐフィラーキャップそしてオイルの量を確認するゲージ。この4箇所すべてを確実に閉塞しなければ、漏れ・噴出したり、内部へ水や異物が入ったりします。とはいえ、ドレーンやオイルフィルタは締めすぎてもダメ。パッキンが切れたり、ネジの山が飛ぶと緩い時以上の大変なことになりかねません。
 ・・・以上は整備士なら誰もが判っていることなのですが、意外に頭では何も考えずに流れで作業をしてしまうものです。先日のNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」で古文書修復の第一人者・鈴木裕氏の言葉「何度も繰り返してきた仕事でも、毎回新鮮な気持ちで取り組める人がプロフェッショナルである」。当たり前のことをひとつひとつ確実に行うことの難しさ、ほんのちょっとした抜かりでもこれだけ重大な事故へ繋がるという我々の仕事の責任の大きさを見せ付けられ、身が引き締まる思いでした。

 そのオイル交換ですが、外すのにややこしいアンダーカバーが付いていたり(スバル水平対向など)、フィルタがブロック背後に付いている車両(日産が多い)等で無い限りはなるべくリフトアップせずに行っています。工場のリフトの数は限られてますし、作業時間も掛かってしまいます。
 一番入庫台数の多いダイハツ乗用EFエンジンは真下にドレーン、ブロック前面にフィルタがあるのでナンバー外せば楽に作業できましたが、新エンジンであるKFはスズキK6A同様に背面向きドレーンに真下向きフィルタ。ドレーン緩めるのにメガネと床の隙間が少なく引っ掛かってしまいます。これからどんどん増えるから何とかしなければ・・・ということで、ようやく買ったのがローダウン車をジャッキアップするための下駄となるアルミ製のステップ。ストレートの樹脂製の方が安かったのですが、耐久性を考えてアルミにしました。
 届いた日にベタベタのステップWGNが入庫。早速活躍しましたが、1回使っただけでタイヤの通り道はたわんでしまいました。まー、値段も値段やし・・・でも、それ以降も少々重い車なんかでも使ってますが大丈夫のようです。まぁ、高さも知れてますし万が一潰れても事故にはなりません。
 で、KFエンジンにも非常に有効です!わずか90mmの高さでこれほどまでに作業効率が違うのかっ メガネの振り幅も充分に取れるし、作業終了後エンジンをかけての目視確認も非常にやりやすい。
c0044086_1241220.jpg

 樹脂製を使っていたお店では、モノが軽すぎて簡単に動くから役に立たない、と言っていました。アルミで正解だったのかな?ローダウン車が入庫しなくとも、軽を多く扱われている所にはオススメです!

先生如何でしょう?
[PR]
by tosamal | 2007-12-13 19:07 | 商売道具
看板に偽りなし〔STAHLWILLE・オフセットレンチその2〕
 スタビレーのオフセットレンチを使い始めて数ヶ月。喜一工具の謳い文句通り、使うほどに愛着の湧く逸品です。
剛健だけどデリケート〔SWAHLWILLE・オフセットレンチ〕
 当初、寸法がもう少し欲しいなと感じていましたが、使っている内に持ち方を工夫するようになりました。オフセットしたメガネ部からグリップへと伸びる首の部分に人差し指と中指を引っ掛ける感じで引くと、全長をフルに生かして楽にトルクをかけることができます。
c0044086_15413856.jpg

 更に力が必要な場合は中指と薬指を引っ掛けて、親指をグリップの上に添え握り込みます。首の部分の絶妙な形状が手に優しくフィットする感触も堪りません!また新たなスタビレーの魅力発見です。この使い方は真上・真下向きボルトで一番効力を発揮します。また、向こう向きボルトを緩めるべく手の平で軽く叩く時も、当たり面を広くとれるので手が痛くなりません。14-17,17-19があれば重宝しますっ セットならハッピーツールさんがかなりお安いですよ~!

先生如何でしょう?
[PR]
by tosamal | 2007-12-09 18:41 | 商売道具


by tosamal
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧