わやにすな

トサの103的こころ
<   2007年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
高知のおばちゃんは、強いんです。
Excite エキサイト : 政治ニュース

 例の発言騒動に対する市議の率直な感想でしょうなァ。撤回するとしながらも「一部から『よく言った』と言われた」と反省の色なし。錆びたナイフ?もうちょっとマシな言い訳を考えや~。おんちゃんのナイフこそしおれてないかえー。

 「おなごは子供を生む機械やないか、本当のことを言うて何が悪い」と思っている高知の頭が凝り固まったじんま連中が多いような気がしてならない。先日東京へ団体旅行した時の事。バスの最前列に座ったオジイが、すぐ目の前の若いガイドさんに向かって柳沢発言を引き合いに出し「あんたも子供を生む機械やき、はよう結婚して子を作りよ」「これは大臣も言いゆうき、間違いのないことや」などとのたまった光景を目の当たりにした。僕はすぐに一応のフォローは入れたものの、同じ高知の人間として情けなかった。たぶんガイドさんはオッサンの戯言として聞き流してくれたとは思うが・・・

 こういうことを平気で言う方々は、ヤルことだけはヤッて、あとは身重の奥さんがどんなに体調が悪くても気遣うこと無く、生まれてからも子育てなんて一切したことのない御仁なのでしょうなァ。出産や育児の大変さ・尊さが少しでも判っていれば、とてもじゃないけどこんな言葉は出てこない。

 高知のおばちゃんは本当に懐が深い。プライドだけは高い亭主の為に、自分がどんなに辛い目にあっても愚痴の一つもこぼさず、相手を立てる。大方の旦那衆は自分が奥さんの手の平で遊ばされているのを知らずにその一生を終える。
 幸せやありがたみって、それが当たり前に思っている人にどんなに説明をしようとも理解されない、ということだろうか。


先生如何でしょう?
[PR]
by tosamal | 2007-02-26 21:26 | 僭越ながら申し上げます
テレフォン人生相談の相談者が求めるもの
 今日は木曜だからタイゾーだ!とラジオをつけた。しかし、市川森一氏・・・orz
 いやね、市川氏の番組運びやアドバイスが的確で素晴らしいんですが、加藤諦三氏の格言を楽しみにしているタイゾーフリークは、他のパーソナリティの回はテンション下がっちゃうの。
 相談者は50代の女性。声が可愛い。きっと年齢よりずっと若く見える美しい方なんだろうと勝手に想像しながら聴く。
 同年代のご主人との、いわゆる「夫婦生活」が無いことが悩みとのこと。東南アジアへの単身赴任時代には現地で愛人がいたらしく、以降帰国してからごぶさた。亭主に言い寄るも「お前はセックスのことしか考えてないのか」となじられる始末。こりゃひどい。我々男子がいくつになっても「男」を失いたくないのと同様、女性だっていつまでも周囲や、特に夫からは一人の女性として見て欲しいはずだ。
 
 相談相手は精神科医の高橋龍太郎氏。著書も多く、テレ人歴も結構長いベテラン医師だ。今日も相談者に優しく、諭すようにアドバイスをしていた。しかし、相談者が安堵したようには最後まで感じられなかった。

  素晴らしい先生だと思うし、先生に救われた患者さんも数多いことだろう。しかしながら、テレ人に相談してくる人は、その苦しみ・境遇をひとときでいいから共有してもらいたいと思って電話してくるのではないだろうか。先生の受け答えは、まるで診察室の椅子に座っているような気分にさせられる。それが先生の持ち味といってはそれまでだが、語弊はあるかもしれないが「常に精神科医の視点に立った発言に終始している」気がする。

 "あーた"こと大原敬子氏や"愛タン"マドモアゼル愛氏、"モリコー"森田浩一郎氏といった人気アドバイザーは、時には厳しい口調で叱咤することもあるけど、相談者と同じ視点に立ち、一度も会った事も無い相手の為に涙さえ流す。だからこそ、キツイことを言われても相談者はそれを受け入れることができると思う。この人情味と痛快さがテレ人の醍醐味ではなかろうか。
 今回も、同じ女性としての大原先生の意見や、人生の大先輩であり男の不甲斐なさを自虐的に少々笑いも交えて説いてくれる森田先生、そして相談者の心の中に入り込んで優しさと説得力に溢れるアドバイスをくれる愛先生、この三本柱のどなたかが良かったのではないだろうか。
 高橋先生には、時には「精神科医という立場を横に置いといて、」な話を聞かせていただきたいなー。


先生、如何でしょう?
[PR]
by tosamal | 2007-02-22 11:39 | 僭越ながら申し上げます


by tosamal
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧