わやにすな

トサの103的こころ
<   2007年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
室高に「おめでとう」、学園に「ありがとう」
Excite エキサイト : スポーツニュース

 財務省から発表された昨年最終四半期地域経済動向において、全国11地域すべてで景気が回復基調にあるとされた中で、わが高知県だけは唯一例外として前期より下方修正された。要するに周りから取り残され相変わらず不景気真っ只中ということである。
 
 農業、林業、水産業といった高知の根幹を支え続けてきた第一次産業が目も当てられない状況だ。かつては日本一といわれた促成栽培技術を完全に吸収・発展させた宮崎県どころか、安い外国産の大量輸入。厳しい農薬規制、原油高。そして追い討ちをかける地方切捨て政策。
 まさに不況和音。この県はこのまま衰退の一途を辿るのではないかという声もあちこちで聞かれる。そんな中、本当に久しぶりの明るい話題が飛び込んできた。

 室戸高校春夏通じての甲子園初出場!これには多くの県民が沸いた。僕もまるで自分の出身校が出場したかのように喜んだ。
 室戸市は台風接近の際にその名前が挙がる、高知県の東部のほぼ端に位置する港町である。最近では海洋深層水で一躍有名になった。けれども、市とは言えご多分に漏れず過疎化・高齢化が深刻な地域である。
 恐らく高校の生徒の多くはそんな地元で生まれ育った少年少女たちであろう。そんな彼らが甲子園の切符を自らの力で手にした。そう思うと胸が熱くなる。
 
 通常、センバツにおける四国ブロックの出場枠は2。事実上のセンバツ選考会となる秋季四国地区大会で決勝に残った2校がそれに当てはまる。だが、室戸高校は準決勝で高知高校(以下、「学園」)との同県対決でコールド負けを喫してしまう。残された希望は、過去何度も推薦され落選し続けている21世紀枠のみとなったかに思われた。
 しかし、11月に行われた明治神宮野球大会でなんと学園が優勝!ニュースの結果でしか快進撃を知らされなかったがこれには皆が感心し、喜んだ。そして、優勝のご褒美として学園が属する四国ブロックのセンバツ出場枠が1つ増えたという。これを聞かされた地元メディア・県民は「これで室戸が行ける!」と色めき立った。
 そうして迎えたのこ日。テレビ局は速報テロップを流し、地元紙は号外を出した。ここ数日、県内のあちこちで挨拶時の話題となっている。室戸出身の取引先に水を向けると「出身校なんです!」とのお返事。羨ましい限り也。我が母校は歴史の浅いところであるが、高知市内だし、ひょっとすればひょっとするかもしれない。

 しかし、家内の出身校が出場することはないだろう。徳島との県境近くの山にある高校には現在野球部がなく、この春の新入生を以って以降の募集をやめ、3年後に彼らを送り出した後、その役目を終え廃校となるのだ。
 彼女のもう一つの母校である実家にほど近い小学校は跡形もなく取り壊されている。そこで学び、自分を見守ってくれた学校が読んで字のごとく「無くなる」。まるで旧友を失ったような寂しさ・哀しさなのではないだろうか。
 室戸高校にはこれを機に、たくさんの生徒が地元校に通ってくれるようになり、また、市外からも入学生がやってくることを祈りたい。がんばれ、室戸高校そして室戸高校野球部!


先生如何でしょう?
[PR]
by tosamal | 2007-01-26 21:44 | Mr.スポーツ
メカニカル・テナー逝去
Excite エキサイト : 社会ニュース

 これだけ多種多様な価値観が認められる現代。とりわけ音楽では聴く人誰もが「これはいい!」と言うものは皆無といっていいだろう。拘りファンの多いジャズなら尚更だ。

 「無機質なサウンド。ただ音数だけ多いだけじゃないか。プレイに心が感じられない。」
 彼のことをこう言って毛嫌いする人は多いし、そんな批評はいやというほど目にも耳にもした。

 けれども、あの圧倒するフレーズ・独特のサウンドが好きで好きで堪らないというファンも数多いし、ジャズ・フュージョン界に大きな影響を与えたのは紛れもない事実だ。

 僕もサックスを吹く者のはしくれとして、彼を大尊敬する者の1人だ。
 数年前、富士通の全国ツアーで隣町へやってきた。僕にとって最初で最後になった彼の生演奏は凄まじかった。しっとり聴かせる所では枯れたテナーサウンドに酔いしれた。観客の期待を裏切らぬ超絶高速フレーズに引き込まれた。要所要所でキメるハーモニクスに鳥肌が立った。
 改めて我々凡人には遠く及ばない途轍もない音楽センスに裏付けられた高度なテクニックを見せ付けられ、ただただひれ伏すばかりと同時に、最高峰のテナー奏者がこんな片田舎の小さなホールでも我々の為に全力でプレイしてくれたということに感動した。

 「プロだからいつでも全力を出すのは当然」と言われればそれまでだが、人間いくらベストを尽くそうと思ってはいても、ちょっとしたコンディションの違いで全力投球できないことが多々ある。我々ですらそうなのに、すべてが高度な次元でバランスし成り立っている彼の場合など想像もつかない。
 当日、バンドメンバーのドラム奏者が急病の為代役に入ったのは、見ている我々までもが「おいおい!」と心配になるほどの、お世辞にも上手いとは言えない若い人でした。
 長期ツアーの上に、バンドの要がそんな状態。神経質と言われる彼がそんな状況で本当にステージに立つのか、彼が舞台に現れるまでおそらくほとんどの観客が不安だったのではないだろうか。そんな中、ファンが雑誌やジャケットで眺め憧れ続けたシルバーネックにガーデラのマウスピースをセットした名器アメリカンセルマーMarkVIをひょいと下げて登場した彼。
 スタンドに置いたテナーのネックをむんずと掴んで楽器を引っ張り上げたときにはこちらが驚いた。いくら彼に憧れて真似する人でも、100万円近くするオールドサックスにこんな扱いをする人はいないだろう。いやはやとんでもない御仁だ。
 
 そんな彼が血液癌で倒れたのは昨年。芸能人の白血病報道はたくさんあるし、僕の親戚や周りの人でも何人もが病と闘うも、そのほとんどが命を落としている。決して遠い存在の病気なんかじゃない。残念極まりない。

 マイケルと名の付く素晴らしい才能を持った有名人は世界に数多くいるが、「Michael」と聞いて僕が思い浮かべる偉人は、まずはなんといってもマイケルブレッカーだ。


先生如何でしょう?
[PR]
by tosamal | 2007-01-15 19:29 | 音を楽しむ
料理界の萩原流行に感服
 久しぶりに「きょうの料理」を見た。
 講師の方の顔を見た瞬間、萩原流行かと思った。良く似ている。

 斉藤辰夫先生。そのルックスと関西弁の軽快な口調、そして料理の基本中の基本であるダシの取り方という内容に見入ってしまった。
 判りやすく、面白く手順の解説をしつつも、聞き手のオヤジギャグを受け流さずしっかりと対応するその懐の深さに感心。

 辻での講師、数年にわたる海外赴任。そんな経験・苦労があるからこそ滲み出る優しさ。料理は深い愛情だと改めて思い知らされた。料理人としても、一人の人間としても、魅力溢れる方である。
 
 先生如何でしょう?
[PR]
by tosamal | 2007-01-08 22:18 | 美味しいもの


by tosamal
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧