わやにすな

トサの103的こころ
<   2005年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
思い込みが事実である幸せ
 決算期ということで各メーカーとも売り込み攻勢を強めていますね。

 先日、お昼過ぎに年配の方が来店なさいました。
「こないだ社長さんに話ししておいたが、S社の商品を見せてもらいたい」
「ありがとうございます。それでしたら私が承ります」
 ということで試乗していただき、お気に召していただいたので担当営業に
連絡をとると夕方になるとの事。
「担当の者が参るのが夕方になりますので、お時間よろしければその頃
お伺いさせていただいて宜しいでしょうか?」
「それなら明日の朝に来てくれる?」
 同夕、担当がやってきたので早速見積を作成。ディーラーが予め発注を
かけておいた商品に限り特別値引枠を設けていると言うことで、お客様から
唯一ご希望のあったシルバーで、一番価格の安いグレードを試算しました。
ただ、試乗車の内装色がアイボリーであったのに対し、限定車はブラック。

 翌日、営業とともに訪問。先の旨をカタログで説明。
「台数限定でお安くできる車があるのですが、シルバーだと室内の色が
黒のものしかありません。当店で見ていただいたような白(アイボリー)だと
通常値引きしかできません。そこさえお構いなければお安く買っていただけ
ますが、よろしいでしょうか?」
「別に構わん」
「ウチにある展示車で(内装が)黒なのがありますが、実物で確認していただけ
ますか?」
「いや、見なくてもいい。黒でいいですよ」
ということで、サインしていただきました。

 それから二日後。そのお客様から電話で呼び出されました。
「こないだあんたが持ってきた紙見よったら中が黒と書いとるやん。あんた
あのときワシが”中は白がいい”と言ったら”ハイハイそうします”言うたやろ」
と契約書を見せられました。
 そこには担当営業がプリントアウトした「内装色:ブラック」のブラックを線で
消して上に「アイボリー」と鉛筆書きしたお客様の文字。
 こっちはワケが判りません。もしかして年齢もあって新車購入をご家族に
反対されての断り文句かとも思いましたが、
「申し訳ありません、確かに私は内装は黒しかないと説明させていただいた
つもりですが、誤解を招いてしまったのかもしれません」
とその場は引き下がりました。
 慌てたのは営業。せっかくの成績がドタキャンされてはかなわんとばかり
すぐに飛んできて、もう一回商談させてくれと懇願。その為には限定車でなく
通常値引きしかできないものしかありません。社長に決済をいただき、ウチも
損を覚悟の上で、先に決めた価格のまま提示することにしました。
「先ほどは申し訳ありませんでした。お客様のご希望に添う、外はシルバーで
内装は白のものでもう一度お話させていただけませんか」
「わかった。で、それだといくら上がるの?」
「いえ、先日決めていただいた金額で結構です。ウチもいい加減なことは
しません。ご迷惑をお掛けしましたし・・・ただし、これで決めていただいた上は
すぐメーカーに発注かけますので、後で色が違うなどと言われても変更は
不可能です。」
「それでいいです。言いません。」
「それではもう一度確認します、一番お求め安いグレードで、外はシルバー、
内装は白・アイボリーでよろしいですね?」
「そうです。なるべく早くもってきて」
 胸をなでおろす営業。

 それから二日後の朝、お客様からの電話。
「あー、あんたか。こないだ決めた車イヤになったからやめるわ」
「エ・・・?それは困ります!先日も申し上げましたが、もうメーカーに発注を
かけているんですよ!」
「別にアンタの所から直接メーカーに注文しているわけじゃないやろ。
こないだのことでアンタのところは信用できんし、もうイヤになったわ」

 辛うじてメーカーにストップはかけられたものの、我々は何をしにいったんでしょう。
何度念を押しても「そんなこと言わなかった」と確信を持って否定。とても正常な
頭の状態だとはとても考えられませんし、そう思えばこちらの気も収まります。
 結構多いんですよね、自分の思い込んでいることのみが紛れもない事実で、
誰が何と言おうとも正しいと信じきっている。こういう人に取り付く島があるはずも
ありません。だいたい印刷物ですら自分で訂正しちゃうんですから。
子供に「そんな車売りつけられて」と突っ込まれ被害者妄想ができたんでしょうか?
 ちなみに「社長に話した」おっしゃっていますが、社長に確認すると「話すどころか、
面識がない」と申しておりました。こりゃホンモノだ。


先生如何でしょう?
[PR]
by tosamal | 2005-03-20 13:42
変わっているのは自分
 小さな頃、干しブドウが大好きでした。袋にたくさん入ったものを喜んで
食べていました。そう言えばしばらく見かけていないなあ。小学校のとき
干しブドウが苦手な友人がレーズンパンから一個一個除けてティッシュに
まとめたものを食べて上げていました。
 でも、いつの間にかあの食感と味が嫌いになり、今はレーズンパンをやっと
食べられる程度に回復しました。ラムレーズンはもうちょっと固いし、味も違う
から好きなんですけど。

 小さな頃レバーが大嫌いでした。あの独特の血っぽい味と、口に入れて
噛むと汁気のないモソモソした感じがイヤでたまりませんでした。母親が
作ったカシワとゴボウの煮物では必ず残していました。
 しかし、今やあの味が大好きに。生は怖いので敬遠していますが、火が
通ったものであれば、鶏だろうが牛だろうが大丈夫。喜んで食べています。

 高1の時に買ったスクェアのアルバム。曲のカッコ良さ、メロディの美しさに
惹かれました。直後に行ったライブ。目の前わずか2m足らずの距離で憧れの
プレイヤー達があの曲を演奏している。その姿と超絶大音量サウンドに物凄い
衝撃を受けました。その後耳鳴りは3日ほど続きましたが、ライブの模様は心に
焼きついて離れませんでした。毎日毎日何度も何度も繰り返しCDを聴いたため、
レーザーでディスクに窪みができてしまいました。#実際窪みませんのでご注意

 あれから10数年。年に何度も聴いていましたが、今改めて聴くと、当時馬鹿
ばかりしていた高校生活を思い出し、同時に曲の完成度の高さに驚かされます。
バッキングやソロで新たな発見があり「ここがたまらん!」な部分が以前と違って
きたりします。

 食べ物の味は昔とさほど変わらないでしょうし、ましてやCDの中身は当時の
まま。でも、それを受け取る側が変化すれば全然違ったものと感じます。昔見た
映画をしばらくぶりに見たら自分の内面の成長・考え方の変化がよく判りますよね。

 自分が気づかないくらいゆっくりだけど、みんな日々確実に変化し続けている。
「年年歳歳花相似 歳歳年年人不同」この言葉の深みを、少しは判るようになって
きたかな?まだまだかな?


先生如何でしょう?
[PR]
by tosamal | 2005-03-14 22:57
仰げば尊しわが師の恩
 金八先生が大好きです。毎週金曜日が来ると晩が楽しみです。
 その魅力はなんといっても武田鉄矢演じる金八先生の人間臭さと、その彼が
40も歳の違う生徒に対し全力でぶつかっていく姿です。

 今、彼のように真正面に相手に向き合い、全力でぶつかっている人はいますか?
斜に構えたり、適当に合わせてやっていればいいなんて風潮ありませんか?

 近所の公立中学校でサッカーの顧問として周囲の評判も上々だった講師。彼に
指導してもらいたくて、合格していた私立中学校進学を辞退までしたお客様の
お子様がいらっしゃいました。
 けれども彼が入学するほんの半月前に行われた中学校の卒業式の夜、その
講師はPTA懇親会の帰りに酒気帯び運転で検挙されてしまいました。

 愚かとしか言い様がありません。学校生活でもサッカーでも、ルールを遵守するよう
指導してきた教師であるのに、その自らがルールを破る。それも「絶対にするな」と
あれほど何度も何度も言われ続けてきた過ちを。
 生徒たちはこう思うでしょう。「ルール守らない先生が、何で俺達にルールを守れと
命令する資格があるの?」と。彼が裏切ったのは生徒やその父兄、同僚の教諭、
教育委員会や自治体の職員だけでなく、彼に憧れていた少年の純粋な心まで踏み
にじったのです。
 
 この事件が可愛い事に思えるくらい、生徒に暴力を振るうどころか、買春する、
強姦する、人を殺す・・・重大犯罪者となる教師の多いこと。
 「最近の先生は教師という仕事を他の職業と同じものと捕らえ、ビジネスライクに
こなしている」と、今春定年退職を迎えられる小学校校長のお客様が嘆いていら
っしゃいました。
 僕が小学校の頃、男性の担任教諭が休んだことなんて記憶にありません。いつも
僕らのそばにいて時には叱り、見守って下さっていました。女性の先生もお子さんが
病気でもない限り同様でした。
 それが中1の担任は帰りのHRで「明日は休みます」といきなり言い出す。
「先生、何か用事があるの?」
「有給取るのは我々の権利ですから、何をしようとも自由です」
 この方は留守の間に何が起こっても自分の責任ではないと言い張るでしょう。
こんなことで生徒のちょっとした身体・心の変化を読み取れますか?こんな先生を
生徒が信頼できますか?
 
 先の校長先生がおっしゃる通り、教師の仕事は他の仕事とは別物だと思います。
少々体調が悪くても休めず、常に生徒に目を向ける。現在だと常識外れの父兄も
多く、心身ともに疲れ果てることでしょう。その先生も家庭のことは奥様に任せっきり
でお世辞にもいい夫・父親とは言えなかったといいます。しかし、その奥様は
ご主人の教師生活を胸を張って誇れるとおっしゃっています。僕も先生とお話する
ごとに「ああ、この先生に習いたかったなあ」と思うばかり。
 
 これからもいい先生・先輩に巡り逢えた時にすぐアンテナが反応するよう自己を
磨いていきたいなあ。


先生如何でしょう?
[PR]
by tosamal | 2005-03-11 23:53
人情紙の如し
 年明け早々のある夕方、お客様が交通事故を起こされました。
 現場は 僕が勤めている某県庁所在地内の整備工場の近くで、相手車両が
当たった衝撃で運転席のドアが開き、お客様は車外に投げ出され、救急車で
運ばれたのことでした。きっとシートベルトをしていなかったのでしょう。

 慌てて会社へ引き返し、工場長と現場へ。大きく曲がった運転席ドアと
10mほど先にある道路下の田んぼに落ちた車体が衝突の激しさを物語って
いました。お客様の安否が気になります。
 長い間ごひいき頂いている方で、僕個人のことも色々と気に掛けて下さる
優しい方でした。

 現場にいらしたご家族に「どこかレッカー等頼んでいますか」と尋ねると
まだ、とのこと。「それならウチが引き取って行きましょうか?」と申し出ると
「お願いします」とお許しを頂きました。
 警察の現場検証も終わったので田んぼに降りて車に乗り込み、エンジンを
かける。警察の方にも手伝って貰って、なんとか道路へ復帰することが
できました。
 ひとまず自走で工場まで帰り、会社の車にホウキとチリトリ、空箱を乗せ
再び現場へ。工場長と2人でガラスやプラスチックの破片などを掃き集め、
空箱へ入れていく。辺りはすっかり暗くなっていました。
 一通り現場の片付けを終えお宅へ伺うと留守だったのでメモ用紙へ伝言を
書き、郵便受けへ。

 数日後、息子さんが車の様子を見に来られました。一時はっきりしなかった
意識が回復したとのことで、社員一同胸を撫で下ろしました。
 保険代理店も見に来ましたが、一目全損というやつで車の時価額分しか
保険金が支払われないくらいの傷みようでした。
 入庫してから車が居座ることひと月あまり。その間社長がお見舞いに行ったり
しました。ある日、再び息子さんがやってきて
 「車はもう処分してもらいたい。保険の満了期間が間もなくなので中断する為
急いでもらいたい。次に乗る車の話は自分は関係ないから親に直接話して
ほしい」
とのこと。急な申し出ではありましたが部品取りに引取ってくれる業者がすぐに
見つかり、一両日中の手続きを約束してもらい、引き渡す。その晩、保険代理店
から電話。
 「契約満了期間を過ぎており、自動更新で新しい契約が始まったが、事故の
為に中断手続きが出来なかったと保険会社の方に頼み込んでみるから、すぐに
車検証をFAXしてくれ」
 言われるがまま送信。以降、息子さんからも保険屋からも何の連絡も無し。

 お客様が退院されたと聞いてお宅を尋ねる。思ったより元気そうでなにより
でした。次の車はどうされますか、例えばこういう新型がありますと勧めると、
 「まだ示談がまとまらない。ちゃんとまとまらないと踏ん切りがつかないから。
またそのときにはお世話になります」
ということで、先延ばしということに。以後、何度か様子伺いに参りましたが
いずれも同じ返答。一昨日も「まだ相手がゴネててねえ」でした。
 
 そして今日。某ディーラーの営業で、当店の元担当さんから
 「今日新車を納入したお客様に、前の車は●●さん(ウチ)で処分してもらったと
聞いたもので」
と連絡が入りました。そう、そのお客様です。購入したのはウチが勧めたまさにその車。
その話に、我々一同烈しく脱力。
 なんとか力を振り絞ってお客様のおうちへ。ちょうどご本人と息子さんがいらっしゃった
ので「新車買われたんですね。ひょっと当方で失礼があったのでしょうか・・・?」と
切り出すと「いや、別にないですよ」。結局お二人とも我々の顔を見られずじまいでした。

 お客様が何処で何を買われようとも自由です。が、今回は単にそういう問題では
ありません。我々としてはお客様の大変な時に精一杯の対応をさせてもらったつもり
です。もしやむをえない事情で他の所で買うのであればひとこと仰って欲しかった。
それを「話がまとまってから」「その時は頼むから」。数日後にはバレるのに。

゛当店で買う新車価格゛と゛ディーラーで買う新車価格゛の差額(実際には無かったん
ですが)が、『事故の時に世話になったこと』『その相手を裏切るバツの悪さ』よりも
大きかった、と。
 長年お世話させて頂いたお客様とのお付き合いがこんな形で終わるのは、商売人に
とって一番コタえます・・・。

 「時が経てば判る嘘」が一番嫌いです。それなら正直に断って欲しい。
その勇気すらないのであれば、バレない嘘をついて欲しい。その場しのぎの
言い訳は相手を傷付け、不信感だけを残します。


先生如何でしょう?
[PR]
by tosamal | 2005-03-09 22:52
失って気づく健康の有難さ、しかし喉元過ぎれば
 倅が託児所で発熱し、インフルエンザの疑いがあるということで細君が早引けし、
病院へ連れていきました。インフルエンザ検査の結果、陽性反応。昼過ぎに
帰ってきて夕方、今度は細君が吐き気を訴え、そのまま寝込んでしまう。倅は
熱はあるものの、元気な様子。僕はドラッグストアへ行き、発熱時用栄養ドリンク、
ポカリ、ウィダーを購入。レジでバイトの女の子に領収発行をお願いしました。
 「但し書きはどうしましょう」
 「『備品』でお願いします」
固まるお姉さん。
 「『備える』っていう字ですね」
考え込んでいるお姉さん。
 「にんべんに共同の共の上書いてノ書いて用書いて・・・」
唸ってしまうお姉さん。
 携帯を取り出し入力・変換した画面を見せる。注意深く何度も見返しつつ、苦笑しながら
書いてくれました。
 「ぱっと言われたら判りませんよねー」
とフォロー入れて参りました。

 細君は翌日内科へ行き、投薬と点滴で次の朝には元気に。しかし、その晩、今度は
僕が同じ症状に・・・久々に吐きました。5年前の夏、嘔吐下痢症で歯茎にヘルペスを
併発、食べれば出血、飲んではしみる、そして吐いてしまう。このまま治らないかと
思うくらいやつれた記憶が甦る。幸い一晩で熱が下がりましたが、吐き気をもよおした
時、高熱で動けなくなった時などに特に健康のありがたさを痛感します。でも元気に
なったらそんな辛さなんて忘れてしまう。

 チェーンスモーカーで、クルマに乗っているときも窓を閉め切ってタバコを吸っていた
お客様が肺癌の疑いで検査。体調不良の上のショックで心身ともにかなり弱って
らっしゃいました。小さな頃から可愛がっていただいたこともあり、ことある毎に禁煙を
勧めてはいたのですが、当時は笑って聞き流すだけでした。きっと一度病気をしたら
やめることを考えたのでしょうが、身体が丈夫なことがかえって仇になったといった
ということでしょうか。しかし、数十年のあいだ毎日橙色の箱を2つ消費し続けたツケ
を帳消しにすることは不可能です。車内にベットリと付着したヤニはほぼ全て取り除く
ことはできるんですが。
 自分の身体は自分だけのものではありません。そのお客様もそんな当たり前のことを
思い知らされているのではないでしょうか。回復を祈っております。


先生如何でしょう?
[PR]
by tosamal | 2005-03-04 07:52


by tosamal
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧