わやにすな

トサの103的こころ
カテゴリ:単車のスゝメ( 23 )
シルバーウイングタイヤ交換
 雨の降りやみに銀翼を走らせるとそんなにスピード出してないのにカーブで降臨が滑って怖い思いをしました。

 そんなに距離を乗ってるつもりはないけど真ん中部分はツルツルでした。
c0044086_16071918.jpg
 フロントは溝は残っているものの直進中ハンドルから手を離すとかなり振り出したので、若いしのアドバイスに従い前後同時交換することにしました。
 ブログで確認したら5年以上前に交換したんだなー
c0044086_16073071.jpg
 先日設置したドライブオンリフトがここでも役立ちました。若いしが手馴れた様子でささっと交換。 ただ後輪のビードは結構固くて汗だくになって頑張ってくれました。
c0044086_16073628.jpg
 ええ感じです。アップにすると結構ワイドに見えますがそれほどでもありません。

 で、前後に動かすと非常に軽い! 前のタイヤでもエアは充分入れてたけどセンターが摩耗したことで抵抗になってたのね。 
 走ってみるとなんか不安定。極端に言うと真ん中が平らになって安定感があったということかしら。しかもセルフステアが殆どなくなってしまって「曲がらない!」と錯覚してしまいました。 タイヤ摩耗が進行するに従い知らず知らずの間にハンドルで曲がっていたようで、慣れるまでちょっと時間がかかりそう。
 ただ、旋回中は路面を広い面積でしっかりと踏ん張っている感覚はあります。


先生、如何でしょう?

[PR]
by tosamal | 2014-06-07 16:16 | 単車のスゝメ
小柄な方・女性にオススメなビッグバイク・R1150R
 心優しき奥様のお許しも得て軽トラで取りに行きました。2001年モデルですがそう見えないほど非常に綺麗な状態でした。友人の前のオーナーさんはガレージに大切に保管されていたのでしょう。

ところで、ビッグバイクに乗る時の不安要素といえば、

  ・取り回しが重い
  ・足つき性が気になる
  ・クラッチが重い
  ・過剰なパワーが怖い

 が挙げられます。惚れたバイクだから全部克服して乗ってやる!というチャレンジ精神は素晴らしいですし尊敬します。ですが、少しでも肉体的・精神的負担が掛からない車種の中から選ぶというのは決してネガティブな考え方ではなく現実的でむしろ非常に前向きな方法です。趣味で乗るんですから自分の体格・技量に合ったバイクを気軽に楽しみたいですよね。 後者の選び方を検討されている方には是非ともオススメなのがこのR1150Rです。僕が取り回したことのある他のバイクとの比較をしてみました。参考になれば幸いです。 
 
・取り回しが軽やか!
 ビッグバイクはハイパワーなエンジンに対応する為にフレームも肉厚に作られており重量がかなりあります。そんな重い車体を車庫や駐車場で引っ張り回す労力とプレッシャーが最初に我々を悩ませます。

 R1150Rを最初に見た時、これはデカい・・・左右に張り出したシリンダーとオイルクーラー内蔵タンクで幅が普通のバイクの倍くらいあります。そしてトラックに載せると重い・・・こんなんに乗れるのかいなと不安になったものですが、実際に取り回しをしてみると非常に軽やか!車重は240キロほどあるのですが、縦置き水平対向エンジンは重心がかなり低く前後バランスも良いようで驚くほどに軽やかに、フラつくことなく引き回せます。銀翼も図体&車重の割にラクなのですが、それ以上に低重心の恩恵を感じました。

  先日Bandit1250フルカウルを新車で買われたお客様は取り回しに苦労されてました。僕も動かしていましたが一見コンパクトだけどかなり重く、サイドスタンドから起こす時にR1150Rの感覚だと持ちあがりませんw そして全長が長い上に車体後方にしっかり手で掴める所が無く後ろに押すにもひと苦労。慣れと気合!と言われればそれまでですが、同じマルチでもホーネット900はもっと軽く取り回せました。
 R1150Rは幅こそゴツいですが全長は170センチ程度しかなく、先述の低重心に加え左手でハンドル・右手でタンデムグリップを無理なくしっかりと握れるのでビッグバイクの不安第1ポイントである取り回しは申し分ありません!

・安心の足つき性
 そして第2ポイントであるシート高。160ちょっとしかない僕でもR1150Rは両足がベッタリとはいかないまでも踵を上げた程度に両足で接地でき、心理的不安がかなり少ないです。 ちょっとバランスを崩しかけた時にもすぐ対応できるという気持ちのゆとりは大きいですし、実際には重心の低さも相まってそうフラつくこともがありません。 バンディットはもうちょっと高いので僕はバレリーナ状態になってしまいますが若い方は脚が長いから、170センチもあればしっかり着けるとおもいますw ホーネットはR1150Rと同じくらい、シルバーウイングも同様です。

・クラッチも比較的軽い!
 大きいエンジンほどクラッチも重たい傾向にあります。しかしロングツーリングや街乗りで重たいクラッチレバーを何度も握り、半クラするのは非常に負担が掛かります。
 その点、R1150Rは重くありません。むしろリッターバイクとしては軽い方だと思います。また手の小さな人でもちゃんと握りしめることができます。 ホーネットも軽いですが、バンディットはそれらに比べると随分と重たかったです。DUCATIもかなり重いと聞きます。

・穏やかなエンジン特性で発進時も安心
 扱いやすさの第3ポイントとしてあげたいのがエンジンパワー。まず低速域ですが、シングルやツインって粘りが無く発進時にエンスト→ほぼ立ちゴケするという悪夢のパターンをよく言われるし想像していたのですが、水平対向のせいか普通のマルチ感覚で扱えます。

 そしてパワー特性が非常に穏やかなのも特筆ものです。リッターマルチだとほんの1ミリでもアクセルを余分に開けてしまうとたちどころに豹変しそのままうっかりクラッチをつないでしまうとYOUTUBEで上がってるような暴走クラッシュなどという大参事になりかねませんが、フラットツインは85馬力程度しかなく血の気の引くような加速が味わえない代わりにアクセルワークに神経質になる必要が無く低速域では非常に扱いやすいんです。
 ロデオ感覚でモンスターマシンを意のままに乗りこなす醍醐味とは全く違う、もっと気軽にリッターマシンを操る楽しみを感じたい方にはうってつけです。
 
  馬力といいカタログスペックでは本当にプアな感じのするBMのバイクですが、非力かと言えばけっしてそんなことはなく、必要にして充分なパワーは持っています。数値に表れない魅力・・・高速での安定性も流石ドイツ車。どんどんスピードを上げてもお世辞抜きで恐怖を感じません。銀翼では(あ・・・前輪フワフワしてない?)とか思う事があったのですが、取り回しは軽いのに地に這うようなドッシリ感がと非常に優れた直進性が相まって、ネイキッドゆえの風圧さえ無ければどこまでも加速してみたくなります。
 このフラつき無縁の直進性は縦置きエンジンの恩恵なのでしょうね。それでいてコーナリングでは傾けた角度でピタッと安定、フラつきや無縁で不安なく曲がれるんです。別次元とも評されるコーナリング安定性は、この小心ライダーでも感じられるほど大きいです。

 前オーナーの友人に言わせれば「優等生」なR1150R。試乗してみた元S4乗りで今ホーネット900のウチの若いしも「クセが無く物凄く乗り易いんですが、悪く言うと面白くはないですね」 その通りだと思います。独特なメカニズムでありながら性能バランスが非常に高く、誰が運転してもそれなりに乗れちゃう。 DUCATIの低速が全然ない等非常にクセのあるじゃじゃ馬を手懐ける面白みとは真逆の、ドイツ人らしい真面目なバイクです。 でも、それだけに僕のような技量の無いライダーにはこれ以上ないパートナーとなってくれるますし、その安心感で選ぶベテランライダーが多いのだと思います。 
 
 ただ一つ不安な点、それは高知にはBMW2輪の正規代理店が無いと言う事だけです。 ABSとサーボが付いているのでブレーキメンテはディーラーでの整備が必須なのでそこだけが田舎ではネックです。お隣の県にツーリングがてらメンテして貰うしかないなぁ。

 そんなわけで、ぜひオススメしたいリッターバイクです。
[PR]
by tosamal | 2013-10-29 15:47 | 単車のスゝメ
数年ぶりにクラッチ付き&リッターに乗りました〔BMW R1150R〕 
 銀翼に乗ってはや5年を超えました。ビグスクに乗ったことの無かった頃は正直バカにしてましたが本当に便利で車重は重たいけど重心の低さで取り回しも非常に楽ちん、あまりに便利で遂にカブ90のナンバーを切ってしまったほどです。 #法人名義だとクルマの保険に原付特約を付帯する事が出来ずに個別で保険を掛けていたのですが、コレがなんと銀翼より高い!

 もうクラッチ付きなんて乗れない、なんて言ってたのに、ウチの若いしが買ったホーネット900を見ていいなぁ~とすぐ自分も欲しくなるのが子供とバイク好きオヤジ。
 
 そんな時、県外の友人から電話。20歳で普自二免許取得して以降17年間1度も外を走ったことのない完全ペーパーライダーだった彼が、ひょんなことから大自二免許を取得しているとのことでした。
 H-DのV-RODかDUCATIのディアベルで迷っていると言う彼に、「君は欧州車好きなんだからDUCATIでしょう」とアドバイス。彼はポルシェ乗りなのです。
 早速にディアベルを注文したようですが(さすがぶるじょあ!)、納車まで数カ月掛かると言う事でそれまでの腕慣らしに中古のBMW R1150Rを購入(さすがぶるじょあ!)。彼は更に外車ばかり複数台を購入し置き場所が無いのでR1150Rを買ってくれと持ちかけられました。いやはやすごい。
 
 実はR1150Rは乗りたかったバイクなんです。 今や横置きKシリーズが主流となりつつありますがBMの代名詞と言えば何と言っても縦置きフラットツイン!その独特なメカニズムにはバイクそのものに殆ど興味が無かった頃から憧れがありました。安芸の国虎うどんへタンデムで来られてたご夫婦がRTで凄いバイクだなと思った記憶もあります。 フルカウルよりもシンプルなネイキッドタイプのRが魅力的だけど高嶺の花。でも一度は・・・と思ったのはもう10年も前の話。それが巡り巡って手に入れるチャンスが来ました。
[PR]
by tosamal | 2013-10-20 12:40 | 単車のスゝメ
県西部へプチツー
 帰省しているお向かいのタカヤくんを誘って朝の6時に西へ向け出発しました。寒い!かなり厚着しておいて正解でした。浦戸湾沿いに走らせ須崎入り。今回もショップたけざきでおにぎりセットを購入し、少し走らせ道の駅あぐり窪川へ。
 すぐ後にオーディオの音と共に入ってきたのは、ゴールドウイングかと思いきやカワサキのボイジャーというみたい。寒いですねーとご挨拶後、朝食。
c0044086_14205176.jpg

 お腹を満たしほっとしてあたりを見渡してると1台のロングツー中とおぼしきカブ。ロゴには50cc。黄色ナンバー・ピンクナンバーでツーリングする人が最近目に付くけど50とは!後に回りナンバーを確認すると白色の海老名ナンバー。海老名・・・美どり?泰葉?磯子在住のタカヤくん曰く「神奈川や!」
 早速声を掛けてみると、大自二免許もお持ちだけども敢えて最小排気量クラスの50でツーリングをしているとのこと。今や町内ですら銀翼に乗ってカブ90が放置状態の小生、おみそれしました!あと都内からこられたバリオスの方とちょこっと話し、四万十川を見て江川崎で泊まられた福井は小浜市のCB1300乗りさんから「これから帰りいますが何処か見るところありますか?」と尋ねられたのでここはやはり龍馬の銅像見に桂浜へ!とお勧めしました。小浜はたっぷりと海の幸が乗った海鮮丼が800円ですので是非食べに来てください!とのことでした。ぜひ行ってみよう!

  中村まで行こうかと思ったのですが、空は曇ったまま気温は上がる気配もなく、そろそろ引き返そうか・・・と思ってると丁度大方のTシャツアート展(砂浜美術館)をやっていたので見学。
c0044086_14433730.jpg


 まだ10時と言うこともあって?人はまばらでしたが、サーファーは凄く多かった!現行ハイエースが圧倒的に多かったんですが、デミオで女性4人が波乗りに来てたりしてました。 遠浅でながーく続く砂浜の美しさが一番印象的でした。

 帰りは水車亭でお土産にケンピを買い、中土佐町から高速に上がり、無料区間である高知ICまで走らせて帰りました。4,5時間乗るのが久しぶりで右手が痛くなっちゃいました。

 青海苔ケンピは凄く美味しくて家族にも好評でした。オススメ!

先生如何でしょう?
[PR]
by tosamal | 2011-05-05 19:20 | 単車のスゝメ
今年も銀翼オフ@ひろめ
 さかなさんの「ちょこっとツーリング」へ集う総勢11名のバイク乗りの皆さんが今年もひろめ市場へ来られました。

c0044086_10194592.jpg


 今回も顔出しNGの方に配慮し極小サイズにて。昨年よりも多くの方が来られて、非常に楽しくお話させて頂きました。ひげおやじさんは頑張って家族サービスポイント貯めて今回も参加。素晴らしい!僕ももう少し涼しくなったら四国内でいいので、紅葉を眺めながら日帰りツーしたいなぁ。毎年同じこと言ってますが・・・

 今年で最後の開催とのことですが、せっかくですのでぜひぜひまたおいでませ~

先生如何でしょう?
[PR]
by tosamal | 2010-09-11 21:08 | 単車のスゝメ
三宝山からの眺め
 この連休も取り立てて何処に行くでもなく終わりました。
 三宝山に3度ほど上がってまったり流して気分転換しました。昼間は麓の動物公園へ入場待ちの車が一杯でしたが、夕方はまったくのガラガラ。スカイラインを散歩する方が何人かいらっしゃるだけでした。
c0044086_14301996.jpg

 スカイラインの東側、香我美町山北から岸本の太平洋を臨む緩やかなカーブ。ちなみ道路のすぐ下は崖で落ちたら大変なことになります。さらにここから東へ進むと狭い下り道となり、龍河洞へ行けます。

 そういえば最近からかな、黒色の同型銀翼が休日になると通り掛っています。せっかくなので機会があればお話ししてみたいな。

 先生如何でしょう?
[PR]
by tosamal | 2010-05-09 14:37 | 単車のスゝメ
単車でストレス解消
http://tb.itmedia.co.jp/tbs/news/articles/0903/04/news070.html

 ちょこっとつーりんぐオフでお会いしたクッキーパパさんが「たしかにバイクは囲う物がない。だから五感を研ぎ澄まして乗るからこそ、事故の割合は四輪より少ない」と仰ってました。
 その集中している時間は日頃とらわれているイヤなことを忘れて単車の操作・天候や道の状況などの判断だけに費やす。もちろん暴走行為ではありません!特にブラインドコーナーの多い峠道を流せば、無理のないジョギングのような心地良い脳の運動となり、スッキリできるような気がします。
 その面からいくと「やっぱりミッションも乗りたいよなぁ」に行き着いちゃいますネ。そのうち・・・
[PR]
by tosamal | 2010-03-10 19:05 | 単車のスゝメ
初の二輪オフ
 ちょこっとつーりんぐ(旧シルバーウイングでいこう!)のオフ会がひろめ市場で開かれました。
 サイトの存在は以前から知ってはいましたが、興味を持って拝見しだしたのは銀翼に乗り始めてから。複数の方とオフラインでお会いした機会といえば、学生時代にIRCのチャット仲間の方々と小倉に集合したくらい。

 管理人のさかなさんは文字通り日本全国津々浦々を回られてらっしゃるツワモノです。今回は他にも元銀翼乗りも含め総勢6人の方がそれぞれ東京・名古屋・神戸等々から高知までやって来られました。
c0044086_12501780.jpg

 顔出しNGの方がいらっしゃるといけないので極小サイズにて。会場のひろめ市場へ17時集合を僕が到着したのが18時半。皆さん既に出来上がっておられました。
 みなさんかなり呑んでらっしゃってお疲れだったのに僕と色々と楽しくお話してくださって感謝!ほとんどの方は朝から帰路についておられるようです。お気をつけて!またお会いしましょう。
 僕も夕方どこかへ軽く流してこようかな。

 先生如何でしょう?
[PR]
by tosamal | 2009-08-23 12:48 | 単車のスゝメ
別府~木頭村へ2度目の越境
 昨夜は「ちょこっとつーりんぐ(旧シルバーウイングでいこう)」オフ会が松山で開かれました。新参者の僕にも非常にフレンドリーに接してくださる管理人・さかなさん達にぜひお目に掛りたかったのですがそういうわけにもいかず・・・そんな19時頃にメール着信。携帯を開くと、大学の仲良し4人が都内某所で乾杯の画。みんな羨ましい・・・

 今朝も4時過ぎに起きて(いつも半ば強引に誘うお向かいの院生と)2人して、先週は行き先を変更した別府~徳島県那賀町・旧木頭村へ走り出しました。
 いやー、寒い!物部町に入った辺りから特に気温が低くなり、手がかじかみます。四ツ足峠のトンネルの真ん中当りで県境越え。彼は2度目の単車での県外・いずれも徳島です。
 木頭村は、SRの時に1度剣山スーパー林道入り口まで行っただけなので今回はその先へ行ってみましたが、行けども行けども峠道。帰り時間も考え、片側交互通行の工事現場で引き返すことにしました。
c0044086_16392840.jpg

 それにしても新緑が美しい!谷川の水も美しく、青空も映えています。
 そこからもう少し戻った町営バス駐車場のトイレで用足し。数少ない自販機がそばにありましたが、「つめた~い」だけorz もう6月ですしホットはコスト掛りますもんね。
c0044086_16434966.jpg

 撮影当時は気付きませんでしたが、画面左上の青空になにやら飛行物体。そしてなかなかインパクトのある警告的交通標語。
c0044086_1845239.jpg

 文面どおりなら「車を走らせること=死ぬこと」になっちゃいますが、そうじゃあなく(^^; 地元の方にしてみれば家のまん前に通っている生活道路で飛ばすなということですよね。到着したのが7時過ぎでしたが、沢山の年配の方々が一輪押したり農具持片手に歩いてらっしゃいました。我々は無論、静かに安全運転です。

 帰りはSTを追走。やっぱりカーブは苦手なので精一杯ついて行きます。今ネイキッド乗ったらコーナーを楽しめるかもしれません。2台持てたら言うこと無しですね。お小遣い貯まるかな。早朝から林道へ向かうオフ5台にピース。
 アンパンマンミュージアム前のコンビニでトイレ&缶コーヒータイム。レジの優しいお姉さんが「かなり寒そうですね。大丈夫ですか?」と心配してくれました。

先生如何でしょう?
[PR]
by tosamal | 2009-06-07 18:21 | 単車のスゝメ
須崎は意外と近かった。
 ライジャケも調えたし、恒例となりつつある早朝プチツー決行しました。お天気も回復するようで今回は別府(大分のべっぷではなく、物部町の「べふ」です)から徳島へ越境し行ける所まで行こうと思っていましたが、夜中に雨音を聞き「(山)奥は雨が残っているかも・・・それなら海岸線を走りたいな」と思い、須崎市へと急遽変更。
 2時半に目が覚めて寝付けないまま5時過ぎに出発。24時間セルフで給油して南下し県道14号春野赤岡線(通称・黒潮ライン)に入りました。車の姿もまばらな海道を流し、こんなに近かったっけ?と海洋高校の脇を抜けると道は狭くなってきて、やがてぐるーっと円を描くかのごとき海岸線を走ります。目の前が水面という眺めはなかなかのものですが、舗装は荒れているし内回りしてくる対向車はいるし、帰りは走りたくないと思いました。
 そんなこんなで須崎市街に到着。定番の某弁当屋でおにぎり&卵焼きを購入し、すぐそばの道の駅へ。
c0044086_18385545.jpg

 しかしテーブル席は9時オープンの室内にしかなく、自販機そばのベンチで食べました。次来ることがあれば他のもの食べたいな。
 お掃除している年配の女性と少々おしゃべりした後、ゴミを尻下の荷室に放り込んで7時過ぎに国道から引き返しました。日が昇り暖かい青空の下、非常に気持ちよく走れました。土佐市出口で南下し車通りの増えた海道へ再び。仁淀川橋上で釣竿持った自転車のおんちゃんにピースしたら凄く喜んでくれました(^-^)y また、対向のZRXともバッチリピース交換。やっぱりええなあ。これからも続けます!帰宅したのが8時過ぎでした。次は別府かな。
  さて、メッシュジャケットですが、日の出前の出発時には肌寒かったのでブレスサーモ(汗で発熱する下着)を上下着て、その上から半袖・長袖Tシャツ2枚着込んだ上からでしたので、ガタガタ震えることはありませんでした。防風インナー装着です。ハードプロテクターが各所に装備しているわりには軽く、疲れません。これから気温が高くなれば下着の数を減らしていき、夏場は防風インナーを外し下は長袖Tシャツ1枚が丁度かな、。また、ライジェケ着た方がピース返答率高くなる気がしますね(w

先生如何でしょう?
[PR]
by tosamal | 2009-05-31 19:01 | 単車のスゝメ


by tosamal
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧