わやにすな

トサの103的こころ
カテゴリ:未分類( 31 )
ごみステーションに箒と塵取り設置
地元完全密着型零細企業なので、地域の様々なお役を頼まれます。
その中で「ごみステーションの管理当番が使う箒と塵取りを寄贈して欲しい」との要請。
コメリで数百円なので大したことはないのですが、盗難防止も兼ね当社の名前を入れて設置。

余っていた塩ビパイプをホルダーにして使ってないウルトのホースバンドで固定。小さな塵取りはホースバンド&結束バンドをこれまた使ってないキーホルダーのシャックルで中継してぶら下げました。
c0044086_10360831.jpg

c0044086_10360922.jpg

まぁ軽いものだし台風でも飛ばないでしょ。

先生如何でしょう?

[PR]
by tosamal | 2017-05-11 10:30
ハミがおったちや!
<今回はグロ入ってます。苦手な方はご遠慮下さい>
 今夏の我が家は何故かしらヘビが何匹も現れました。全員苦手。その中で僕しか男手が無く、3,4度ほど捕まえては袋に入れて車を走らせ数百メートル先の田んぼの草むらへポイ。シマヘビは悪いことしませんから、少しは慣れて、判別もつくようになりました。が、お客様の蜜柑畑へと続く険しい山道を走って下っていたある日。左足で地面を蹴って右足を着く瞬間、着地予定地のすぐ右に緑色をしたそこそこ大きなヘビがっ!ヘタにバランスを崩してぶちこけたら最悪だし、どうすることもできず、右足に全体重を乗せ着地したもののその生物は驚く様子も無く身じろぎ一つしません。僕はそのままスピードを上げ去りました。山育ちのウチの若いし曰く「アオダイショウでしょう」とのこと。夢に出たよぉぉぉ・・・
 やがて短い秋も終わりつつある今日この頃。
「ヘビや~!」
と甥っ子の叫び声。 こんなに朝晩冷え込むようになってまだシマヘビかー。とりあえず居場所だけ確認して袋取ってこようかとドアを開けた1m先にいたのは、は明らかに違うマダラ模様の赤くずんぐりした50センチはあろうかというヘビ。尖った頭。
「ハミや!絶対近付いたらいかんで!!」
 ハミとは、主に西日本で呼ばれる、マムシのこと。ハメとも言います。山へ行ったことのある人なら1度や2度は遭遇したことがあるかもしれませんが、周りが田畑とはいえ、家で見掛けるとは・・・怖がっていても仕方がありません。まず建物に入らぬよう全ての戸をちゃんと閉めたあと意を決し甥っ子に離れた場所で見守っているように伝え、ハミの脇をさっと通り抜け、仕事でたまに使う2mくらいの太い鉄の棒を持ってきました。ネズミなどを駆除してくれるシマヘビを殺す気は毛頭ありませんが、毒蛇を捨て置くわけには行きません。そうこうしている間にも彼奴は移動したようで、戻ってきたところで
「中に入りゆうで!」
 と叫ぶ甥っ子。まさかドアを閉めたはずなのに、外壁の隙間から・・・?ではなく、ドアのせり出し部分のしたに上半分潜り込んでいました。少々狭いが、狙いの付けやすい絶好のチャンス。棒の平べったくなった方をハミの頭の手前10センチほどに構えます。そして渾身の力で付き込みました。手応えはありましたが、続け様にもう1度。のた打ち回り出した頭をグリップエンドで叩き潰しました。ハミってね、それでもしばらく生きてるんですよ。ようやく動かなくなってから恐る恐る処分しました。前のおんちゃん曰く「ハミはつがいでおるき、もう1匹おるかもしれんで。気をつけちょきよ」といわれ、戦々恐々。2月ほど前の大雨で流されてきたのではと希望的観測をもちつつ、ヘビをはじめ害虫への忌避効果があると言われる木酢酸を高濃度で散布。くっさー。家族からクレームが来るが、ハミに噛まれるのとどっちがいい?と説伏。しばらくはうかつに外へ物を置いたり、それを取ったりするのは控えないと・・・

先生如何でしょう?
[PR]
by tosamal | 2006-11-05 19:41
だから相撲は面白い
Excite エキサイト : スポーツニュース
 相変わらず憎たらしいほどに負けない・強い朝青龍。今場所優勝・大記録達成は
間違いないでしょう。唯一の対抗馬である琴欧州が早々に取りこぼし我々の興味は
激減しましたが、欧州勢初の大関を目指す気持ちはまだ折れていませんでした。
着実に強くなっています。来年の楽しみが出来ました。頑張れ!


先生如何でしょう?
[PR]
by tosamal | 2005-11-25 23:16
選手はどうなの?
Excite エキサイト : スポーツニュース
 「感動の胴上げ」などと謳ってますが、今回はちょっと訳が違うのでは。
 100敗近くまで負けに負けた弱小球団の監督を選手が面白がって1位チーム
本拠地で胴上げ。アマチュアならまだしも、プロの世界でこれはおかしいのでは。
 選手が今シーズンの成績を真摯に受け止めているのであれば、責任を一身に
背負って去る監督に対して申し訳ないという気持ちしかなく、とてもあのような
一見感動的だけれど実際にはおちゃらけた行動に出られないのでは。一部選手は
自分のワガママで楽天に移ったわりにはこの体たらく。胴上げしてチャラになったと
でも思っているのでしょうか。そのあたりをふまえて、色んな意味で契約更改が
楽しみです!

 まーしかし巨人の弱いこと!我々に「もっと頑張れよ・・・」と言われるようでは
おしまいです。
[PR]
by tosamal | 2005-09-29 12:50
久しぶりに相撲で熱くなっています!
Excite エキサイト : スポーツニュース
 朝青龍なんて大嫌い。土俵の上でも下でもやりたい放題。高知に縁があろうが、
嫌いなものは嫌いです。
 でもその強さは、悔しいけれど認めざるを得ません。決して恵まれているとは言えない
体格で巨漢力士を投げ飛ばす。凄い。どんな状況に陥っても決して勝負を棄てない
気迫に脱帽します。
 彼の強さは、怪力・天性の運動神経とセンス、そして無神経さにある気がします。
彼にプレッシャーという言葉はまったくの無縁。そういうものをまったく感じていない
としか思えません。
 それはきっと、「どんなときも自分を100パーセント信じていられる」からではないので
しょうか。
 14日目、琴欧州・稀勢の里戦。前日の横綱戦で土を付けられたとはいえ、勝てば
優勝がほぼ手中にできるといって良い一番。相手は優勝戦線に残っているとはいえ
上位陣とはほとんど当たっていない若手。いつものように相撲を取っていればまず
間違いなく勝てたでしょう。当日ラジオの解説であった北の富士氏の
「このまま両者とも二番勝ち、一差で琴欧州の優勝、としか考えられない」
という言葉は僕の希望的観測を抜きにしても氏の言葉どおりになるだろうと思って
いました。
 しかし、いざ立ち合ってみれば、勝ちに焦って引いたところを押し込まれるという
あまりに消極的で酷い負け方。並の力士ならこんなものかもしれませんが、
やはり横綱にならんとする者であればここを乗り越えなければなりません。
 人間、絶対に失敗が許されないという状況に立たされれば「もしミスすれば・・・」
という考えが真っ先に立ち、実力の数割しか出せないもの。けれども頂点に立つ
人はそういった怖さを持つ己に打ち勝つからこそ、その姿を見る我々は感動します。
 横綱は怖さを怖さと思わず「俺なら絶対にできる、いや他には有り得ない」という、
我々凡人には過剰とも思える信念のみを持っているからここまで勝ち続けられて
いるのでしょう。
 なぜ僕はそう思うのか。天才・貴乃花との2度の対戦は全敗。当時、実力の差は
我々の目にも明らかだったけれども、彼の信念は揺るがなかった。敗戦の屈辱を
自信喪失ではなく更なる発奮材料にしました。でなければ相撲に迷いが生じて
一時調子を落としていたはず。
 負けん気の強さは安馬や白鵬など、他のモンゴル出身力士にも共通して
いますが、横綱のそれは群を抜いています。
 琴欧州もこれでプレッシャーと、それに負けて弱気になるというふたつの怖さ
を知ったこと、そして二場所連続準優勝という自信と悔しさを胸に刻み込んで
もっともっと強くなってくれることでしょう!しかし日本人力士、とりわけ大関陣の
ふがいなさ。魁皇は論外。千代大海も相変わらず一つ覚えの相撲で強い
相手と当たった途端に意気消沈。そりゃひかるちゃんも去るわ。栃東も取り
こぼしが多過ぎる。三大関で唯一期待できる力士だけに、今日の結びくらい
意地を見せて欲しかった。

 いつまでも「貴乃花が現役でいてくれていたら・・・」とは思っていられません。
琴欧州を筆頭に稀勢の里、白鵬の若手三力士が安定した相撲を取ってくれれば
横綱の牙城を切り崩す日も近いのではないのでしょうか。来場所もドキドキ
させてくれることを祈ります!ケガだけには気を付けて頑張れっっ


先生如何でしょう?
[PR]
by tosamal | 2005-09-25 21:11
佐々木が好きです。
Excite エキサイト : スポーツニュース

 巨人が好きでした。槙原の完全試合にドキドキし、達成の瞬間兄弟と手を取り合って
喜んだものです。中日との最終試合決戦。テレビ中継がなかったのでラジオに耳を
かたむけ、祈るような思いで応援しました。
 とある横浜戦。いわゆる隅イチの試合で、巨人が1点を守りきれるかという9回表。
駒田・ローズの2本塁打で逆転。そこで出てきたのは佐々木という投手。
 強烈でした。球威のあるストレートと抜群の切れ味を誇るフォーク。万年Bクラスの
チームにこれだけ凄い抑えがいるのかと驚き、そして惚れました。
 唯一のナイター中継である巨人戦で数点リードの終盤でないと佐々木は出てきません。
自然と横浜が点を取るようにと応援するようになり、他の野手、投手の名前を覚えました。
進藤、石井琢朗、ローズ、鈴木、谷繁。いい選手が揃っているじゃありませんか。
味のあるキャラの五十嵐、一級品の斉藤隆、物凄いシュートを投げる盛田。なかなか
順位は上がらないけれど巨人には互角以上の戦いをする彼らのファンになりました。
佐々木は登板すれば1本2本ヒット打たれようとも必ず抑える。先発ピッチャーが
完封ペースで来ていても9回に必ず登板し、抑える。記録狙いだけのわがままと
言われるかもしれませんが、我々には想像もつかない重圧があったことでしょう。
それでも彼は登板し、抑え続けた。巨人戦での7者連続三振、ストレートだけで
中軸をねじふせた2つの試合はまさに圧巻。いつまでも僕の心に残り続けること
でしょう。
 98年、彼はまさに大車輪の活躍でした。勝った試合には必ず投げていました。
連続セーブ記録が潰えた阪神戦。僕は外出先から徒歩で帰る途中、ビジネスホテル
のロビーで流れるBS中継に気づき、足を止めました。まさかのサヨナラ打を浴びた
佐々木。テレビの前で手を叩いて喜ぶ宿泊客。重い足取りでトボトボ帰った
あの夜は忘れられません。
 それでも我々の佐々木に対する信頼が揺らぐことはありませんでした。そして
優勝、日本一。横浜ファンにとって、そして佐々木ファンにとって最高の年でした。
 翌年は酷使が祟って不本意な成績でしたが、優勝・日本一と並んで我々のもう
ひとつの彼に対する大きな夢であった「メジャーの強打者を抑える姿が見たい」
を叶えてくれました。苦労はしたものの、素晴らしい結果を残したと思います。
なにより、日本最高のストッパーである彼が、日本最高の打者であるイチローと
同じチーム、それも大リーグという世界最高の舞台で活躍することが、彼らと
同じ日本人として震えるくらい興奮し、誇りに思いました。

 日本球界復帰前後からの彼の言動に疑問をもつようになってしまいました。
あの頃の足元にも及ばないパフォーマンス。なのに貰う物は貰う。後輩である
野村とはいえコーチ。せめて若い選手たちの前では彼に敬意を表すべきでは。
更に不倫・離婚・再婚。プライドの消え失せた彼に正直、幻滅しました。愛想が
尽きました。彼にはこんな終わり方はしてもらいたくなかった。

 佐々木が好きです。あの頃の佐々木が好きです。本当に凄かった。本当に
素晴らしかった。あの頃の雄姿は一生忘れません。ありがとうございました。


先生如何でしょう?
[PR]
by tosamal | 2005-08-09 22:47
これぞ「わやにすな」
Excite エキサイト : スポーツニュース
 もみ消すつもりが漏れちゃったから観念した、と。バレなければ何をやっても
いいのだ、と。記者会見での校長の口調はとても不祥事に関する記者会見とは
思えませんでした。別に我々に謝ってもらわなくてもいいけど関係各位への心からの
(少なくともそう見せるくらいの)謝罪をすることで当事者および彼らのために甲子園で
プレーすることができなかった他の選手達へ「けじめをつけることの大切さ」を教える
べきでは。

 主に関西の有名強豪高校に入ることができなかった生徒を集めている、なんて
噂のある某高校。このところずっと地元出身の子がレギュラーになっていないのでは
ないかな?そんなチームを応援する県民って一体どのくらいいるのでしょう。

 渡辺智男擁する県商(伊野商業)がKKコンビのPLにまで勝って春を制した感動は
幼心に強く残っています。やっぱり高校野球は地元で育った「おらが選手」が活躍
せんと!なんて言うのは僕だけではないと思うのですが。

 正直言うと僕は某高校をどこかが負かしてくれることを祈りつつ新聞を見ていました。
でも負けねえんだよなア。同校出身の某横綱みたい。

 学園(高知高校のこと)も大変ですな。惜敗した決勝の悔しさは一生忘れられない
でしょうし、引退した3年生は進路のこともある、1,2年生だって来年の春を目指し新たな
スタートをきったばかりなのに。某高校のせいでもっとも右往左往させられているのは
学園ですね。これで優勝なんてしてくれたら痛快極まりないのですが。さして準備は
できなくとも、頑張って欲しいです!

 県外から選手をかき集めてくる某高校に対抗して県内の私立高校がカルテルを
組んでA高校は県下の野球の上手な子を集め、優秀なスタッフで育てる。B高校は
サッカーを、C高校はバスケット・・・などと。小中学生が「僕はAへ行って甲子園を
目指すがやき!」などと明確な目標ができるし、各校の特色作りにもなると思います。
某高校をやっつけるならこのくらいのことはしないと!


先生如何でしょう?
[PR]
by tosamal | 2005-08-04 23:45
今、思い知るイチローの凄さ
 イチローが大リーグオールスターで2打点の活躍。やはり凄い。

 これまで毎年積み上げてきた実績、そして的な去年と比べられて
不調と言われ続ける今シーズン。
 彼が昨年、大リーグ史に残る安打記録を打ち立てた時
小さな事の積み重ねでしか頂点に辿り付く事はできない
という言葉を今、改めて噛み締めています。

 仕事、スポーツ、音楽、芸能、文学・・・方向は違えど自分の夢に向かって
コツコツと努力をしている人、けれどもなかなか結果が出ずに悩んだり
苦しんだりしている人々に、彼の言葉はどれだけ大きな勇気を与えている
事か。
  今シーズン、結果が出ずともいつものように黙々と入念な準備・真剣な
プレーをし続けるイチローの姿が、
今、君がやっていることは決して無駄にはならない。諦めず続けていけば
いつか必ず実を結ぶはずだ

と、我々1人1人に語りかけてくれています。
  ありがとう。これからも貴方の勇姿を心の糧にし、頑張ります。


先生如何でしょう?
[PR]
by tosamal | 2005-07-15 21:06
「100-1=0」であるワケがない。
 ビジネス格言で「100-1=0」というのがありますね。
これは「100人のお客様のうち、1人でもこちらに対して不満を
感じると、そこから悪い評判が立ち、やがて100人全てのお客様が
離れてしまう」という事だそうですが、某地元新聞夕刊でこの言葉を
金科玉条にすべしとありました。
 気に入らないねェ。
 すべてのお客様に対し常に感謝の念を持ち続けることは当然且つ
最も大切なことであり、そうすることでお客様への対応も丁寧なもの
になります。
 が、良かれと思ってやったことが逆に先方にとってありがた迷惑だった
事があるかも知れません。それならまだしも、中には先に述べた
(黒しかない商品と説明し了解を得たのに、後日「ワシは白にしてくれと
言ったらオマエはいいですよと言っただろう。オマエは信用できん」と
言われたジイサン)ような、こちらに落ち度がなくとも先方がこちらのミス・
ウソだと思い込んでしまえば、こちらの取り付く島もありません。こういう
場合お客様の機嫌をなおしてもらう為に「はい、僕はウソツキです」と
全てのお客様に聞こえるように大きな声で叫べばいいのでしょうか?

 社長が講演で全国飛び回っているような「完璧な顧客対応・管理」とまで
言われる某自動車ディーラーがあります。休日にクルマでやって来よう
ものなら数名の営業が誘導してくれます。おしゃれなショールーム内では
にこやかな女性スタッフが飲み物の注文を取ってくれ、朝ならばモーニング
セットまで無料で出してくれます。DMはこまめに届き、担当営業も定期的に
訪問してくれます。まるで王様・神様のような待遇にCS全国ナンバーワン。
 気持ち悪いねェ。
 何でもとことんやることは大変だし、経費もかかるし、凄い事だと思います。
でも、そこまで媚びへつらわれると逆に「カネ落として行けよ」と脅迫されて
いるとしか僕は感じられません。
 実際、自分の業務で他自動車メーカーのロゴ入り作業着姿で来店した際、
普段は笑顔を絶やさない女性スタッフは僕に挨拶するどころか、「なんで
コイツ来てるの?」と、あからさまに怪訝な表情でこちらを見る始末。それも
2度行って2度とも。「仕事じゃなきゃ誰が行くか!」

 好きな女の子に気に入ってもらおうと、どんなにオシャレしても、どんなに
優しくしようとも、完膚なきまでフラれることはあるもの。
 お客様が離れてしまった原因を探り、推測し反省材料とするのは大切な
ことではありますが、かといって100人全てのお客様が何の不満なく利用
し続けて下さるなんてことが現実問題、可能であるはずもありません。もし
できると信じていたら思い上がりもいい所です。
 「言葉をまともに取らず、そういう心づもりでやれと言う意味だ」?それなら
ただ興味を引くためだけの、一見もっともらしい無責任な言葉を作らないで
欲しい。


先生如何でしょう?
[PR]
by tosamal | 2005-04-14 23:06
子を持って知る親の恩
 お客さまで腰痛持ちの方はたくさんいらっしゃいます。お話ししていると椎間板
ヘルニアで悩んでいる、とおっしゃる方も。
 僕は20歳の時に腰を切っているのでその辛さがまさに「痛いほど」判りますし、
経験に基づく進言をさせて頂いたりします。

 お母さまが交通事故で生死の境をさまよい、幸い一命を取り止めたものの、
大きな後遺症を負ってしまわれた県外の友人宅に泊まった夜のこと。友人は
いつになくウイスキーをあおり、強くすすめてきたので酒に弱い僕も少し付き
あっていると、
 「数年前に君のお父さんが亡くなったとき、さぞ辛かろうと心から思ったが、
実際に俺の母親の命が危ない状態になって、初めて君の辛さが理解できた」
と、涙ながらに語ってくれました。
 
 子供の為ならばどんな犠牲をも顧みない、という親の心情を理解することが
できませんでした。
 自分という存在は掛け替えのないものだけど子供なんてまた作ればいいじゃ
ないか、とすら思っていました。
 数年後、そんな僕が結婚し、やがて人の親になりました。出産に立ち合った
のですが、取り上げられた我が子の頭 ―産道を通る為に長細く伸び、更に
脳天は吸引器具により異様に飛び出て、まるで福禄寿のような― にひどく
ショックを受けました。「この子は一生こんな頭のまま生きていくのか・・・」
 後で姉や母親に数ヶ月で元に戻るからと言われてもなかなか信じられなかった
僕は、この時まだ「生物学的に父親」に過ぎませんでした。
 妻子の退院後、おしめを換えたりお風呂に入れる手伝いをし、子供はいつのまにか
這うようになり、今では一人で歩けるようになりました。
 先日、我々夫婦の些細な不注意の為、子供がまだ熱いアイロンに触れて
火傷をさせてしまいました。
 幸い、小範囲・軽度で済みましたが、これが自分の身体であったなら、少々
重症であってもどれだけ気持ちが楽なことか。
 今、仮にこの子が生きる為に全財産が必要だと言われたら躊躇することなく
家財を売り払いますし、この心臓が必要だと言われたら喜んで差し出します。

 我々夫婦が深く望み、生まれてきてくれた、他の何にも代え難い命。そして
その命を守ることの尊さと辛さ。
「子を持って知る親の恩」
「孝行のしたい時分に親は無し」

の言葉が身に沁みます。
 片親は健在ですので少しは労らないとなァ。

先生如何でしょう?
[PR]
by tosamal | 2005-04-03 23:13


by tosamal
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧