わやにすな

トサの103的こころ
マーチンの弦をマーチン巻きで
 新年を新しい弦で、ということで張り替えました。
c0044086_11121323.jpg
 本当はまだダダリオが残っているのですが、マーチン正規品ブロンズ弦がAmazonで450円しない価格にびっくり。・・・でも確認したら600円くらいにあがってました(2016年1月14日現在)。Amazonは結構こういうのありますネ。

 一部レビューに「弦が錆びていた」という報告がありましたので、サンプル画像が新パッケージでいま使っているのと近い 80/20 Bronze:.012-.054 にしましたが、全く問題なかったです。
 
 あとやってみたかったのが「マーチン巻き」。 初めて弦を張った時、知人から「ペグへの巻きが少ない。これやったらすぐ狂うで」と言われて以来なるべく多く巻く方が良いものと信じていましたが、ぐぐってみると巻きの多い方が緩みが出やすい=狂いやすく、巻きは少ない方が良いという説もあちこちで見かけました。 一体どっちながで。
 写真入りで丁寧に説明してくれているサイトを参考に張ってみました。
c0044086_12081635.jpg
 なんでも、マーチンのギター職人はこの巻き方だとか。たしかに動画で見たらこんな感じに巻いてるけど、1フレット分の長さを余らせてるから結構巻き数は多かったよw ご覧の通り巻き数が少なくてもしっかり保持されているので外れる心配はありません。  ぼくのアプローズ(なんちゃってオベーション)は張る方向にチューニングした翌日は音程が上がっている(緩める方向でチューニング)を繰り返しているのですが、その振り幅がちょっと小さくなった気がします。

 あと音はダダリオのフォスファー弦に比べると響きが寂しい感じ。もちろん楽器との相性そして何より個人の好みが多分にある・・・というよりそれが全てなのであくまで僕の印象ですが、この楽器を弾いてる限りはもうマーチンは使わないかなぁ。次回はまたダダリオのフォスファーに戻します。

先生、如何でしょう?

[PR]
by tosamal | 2016-01-14 15:41 | 音を楽しむ
<< O2センサー取付ネジが潰れたら クリップタイプの激安カポ >>


by tosamal
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧