わやにすな

トサの103的こころ
小柄な方・女性にオススメなビッグバイク・R1150R
 心優しき奥様のお許しも得て軽トラで取りに行きました。2001年モデルですがそう見えないほど非常に綺麗な状態でした。友人の前のオーナーさんはガレージに大切に保管されていたのでしょう。

ところで、ビッグバイクに乗る時の不安要素といえば、

  ・取り回しが重い
  ・足つき性が気になる
  ・クラッチが重い
  ・過剰なパワーが怖い

 が挙げられます。惚れたバイクだから全部克服して乗ってやる!というチャレンジ精神は素晴らしいですし尊敬します。ですが、少しでも肉体的・精神的負担が掛からない車種の中から選ぶというのは決してネガティブな考え方ではなく現実的でむしろ非常に前向きな方法です。趣味で乗るんですから自分の体格・技量に合ったバイクを気軽に楽しみたいですよね。 後者の選び方を検討されている方には是非ともオススメなのがこのR1150Rです。僕が取り回したことのある他のバイクとの比較をしてみました。参考になれば幸いです。 
 
・取り回しが軽やか!
 ビッグバイクはハイパワーなエンジンに対応する為にフレームも肉厚に作られており重量がかなりあります。そんな重い車体を車庫や駐車場で引っ張り回す労力とプレッシャーが最初に我々を悩ませます。

 R1150Rを最初に見た時、これはデカい・・・左右に張り出したシリンダーとオイルクーラー内蔵タンクで幅が普通のバイクの倍くらいあります。そしてトラックに載せると重い・・・こんなんに乗れるのかいなと不安になったものですが、実際に取り回しをしてみると非常に軽やか!車重は240キロほどあるのですが、縦置き水平対向エンジンは重心がかなり低く前後バランスも良いようで驚くほどに軽やかに、フラつくことなく引き回せます。銀翼も図体&車重の割にラクなのですが、それ以上に低重心の恩恵を感じました。

  先日Bandit1250フルカウルを新車で買われたお客様は取り回しに苦労されてました。僕も動かしていましたが一見コンパクトだけどかなり重く、サイドスタンドから起こす時にR1150Rの感覚だと持ちあがりませんw そして全長が長い上に車体後方にしっかり手で掴める所が無く後ろに押すにもひと苦労。慣れと気合!と言われればそれまでですが、同じマルチでもホーネット900はもっと軽く取り回せました。
 R1150Rは幅こそゴツいですが全長は170センチ程度しかなく、先述の低重心に加え左手でハンドル・右手でタンデムグリップを無理なくしっかりと握れるのでビッグバイクの不安第1ポイントである取り回しは申し分ありません!

・安心の足つき性
 そして第2ポイントであるシート高。160ちょっとしかない僕でもR1150Rは両足がベッタリとはいかないまでも踵を上げた程度に両足で接地でき、心理的不安がかなり少ないです。 ちょっとバランスを崩しかけた時にもすぐ対応できるという気持ちのゆとりは大きいですし、実際には重心の低さも相まってそうフラつくこともがありません。 バンディットはもうちょっと高いので僕はバレリーナ状態になってしまいますが若い方は脚が長いから、170センチもあればしっかり着けるとおもいますw ホーネットはR1150Rと同じくらい、シルバーウイングも同様です。

・クラッチも比較的軽い!
 大きいエンジンほどクラッチも重たい傾向にあります。しかしロングツーリングや街乗りで重たいクラッチレバーを何度も握り、半クラするのは非常に負担が掛かります。
 その点、R1150Rは重くありません。むしろリッターバイクとしては軽い方だと思います。また手の小さな人でもちゃんと握りしめることができます。 ホーネットも軽いですが、バンディットはそれらに比べると随分と重たかったです。DUCATIもかなり重いと聞きます。

・穏やかなエンジン特性で発進時も安心
 扱いやすさの第3ポイントとしてあげたいのがエンジンパワー。まず低速域ですが、シングルやツインって粘りが無く発進時にエンスト→ほぼ立ちゴケするという悪夢のパターンをよく言われるし想像していたのですが、水平対向のせいか普通のマルチ感覚で扱えます。

 そしてパワー特性が非常に穏やかなのも特筆ものです。リッターマルチだとほんの1ミリでもアクセルを余分に開けてしまうとたちどころに豹変しそのままうっかりクラッチをつないでしまうとYOUTUBEで上がってるような暴走クラッシュなどという大参事になりかねませんが、フラットツインは85馬力程度しかなく血の気の引くような加速が味わえない代わりにアクセルワークに神経質になる必要が無く低速域では非常に扱いやすいんです。
 ロデオ感覚でモンスターマシンを意のままに乗りこなす醍醐味とは全く違う、もっと気軽にリッターマシンを操る楽しみを感じたい方にはうってつけです。
 
  馬力といいカタログスペックでは本当にプアな感じのするBMのバイクですが、非力かと言えばけっしてそんなことはなく、必要にして充分なパワーは持っています。数値に表れない魅力・・・高速での安定性も流石ドイツ車。どんどんスピードを上げてもお世辞抜きで恐怖を感じません。銀翼では(あ・・・前輪フワフワしてない?)とか思う事があったのですが、取り回しは軽いのに地に這うようなドッシリ感がと非常に優れた直進性が相まって、ネイキッドゆえの風圧さえ無ければどこまでも加速してみたくなります。
 このフラつき無縁の直進性は縦置きエンジンの恩恵なのでしょうね。それでいてコーナリングでは傾けた角度でピタッと安定、フラつきや無縁で不安なく曲がれるんです。別次元とも評されるコーナリング安定性は、この小心ライダーでも感じられるほど大きいです。

 前オーナーの友人に言わせれば「優等生」なR1150R。試乗してみた元S4乗りで今ホーネット900のウチの若いしも「クセが無く物凄く乗り易いんですが、悪く言うと面白くはないですね」 その通りだと思います。独特なメカニズムでありながら性能バランスが非常に高く、誰が運転してもそれなりに乗れちゃう。 DUCATIの低速が全然ない等非常にクセのあるじゃじゃ馬を手懐ける面白みとは真逆の、ドイツ人らしい真面目なバイクです。 でも、それだけに僕のような技量の無いライダーにはこれ以上ないパートナーとなってくれるますし、その安心感で選ぶベテランライダーが多いのだと思います。 
 
 ただ一つ不安な点、それは高知にはBMW2輪の正規代理店が無いと言う事だけです。 ABSとサーボが付いているのでブレーキメンテはディーラーでの整備が必須なのでそこだけが田舎ではネックです。お隣の県にツーリングがてらメンテして貰うしかないなぁ。

 そんなわけで、ぜひオススメしたいリッターバイクです。
[PR]
by tosamal | 2013-10-29 15:47 | 単車のスゝメ
<< iPod touchを新調しました。 数年ぶりにクラッチ付き&リッタ... >>


by tosamal
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧